これが匂いの元なのだ

洗浄度比較 「ファイングレードウール」と「洗毛不十分なウール」で、その違いを比較してみます。

清浄度(透視度)
左(A):ファイングレードウール 清浄度 500mm〜1000mm
右(B):洗浄不十分なウール   清浄度 100mm以下

この汚れた廃液...。これだけ下級羊毛には汚れが付着しており、高温多湿の日本の時期になると、その匂いが湧き出て来るのです。

ファイングレードウールは、良質な原毛を使用するだけでなく、洗浄方法にも違いがあるのです。



洗浄試験の比較
みるみる間に廃液に違いが出てきます。洗浄不十分なウールの廃液からはきつい動物臭が...。

ファイングレードウール
ファイングレードウール
一般的な羊毛
洗浄不十分なウール


ファイングレードウールの廃液はほとんど無臭ですが、洗浄不十分なウールの廃液からは残脂臭や羊の糞の臭いなどが交じり合って悪臭が立ち込めてきます。 紡績で使用される場合は染色・整理工程でさらに洗浄されますが、寝具加工では、そのまま中綿になります。

     

世界中に約3000種類の羊が存在し、さらにその特徴から、アパレル用、カーペット用、資材用、寝具用など、それぞれの用途に適した種類に分かれます。寝具用に適した羊だけでも100種類はあり、さらに1頭の羊からは、その部位毎(背中、腰、腹、尻、頭 等など)に幾通りにも選別され多くのタイプが作られます。

羊毛原料は牧羊地域の天候や世界需要といった国際相場の影響を受け、また、外国為替の変動により日本国内での市況にも影響を与えます。

こうした国際情勢や国内市況の中で、日本からの希望価格と品質に合わせた羊毛原料の加工・生産が海外の輸出国でなされています。羊毛のユーザー様は、それぞれの欠点と長所を理解した上で、ご利用になることがとても重要な事ではないかと考えております。

Enter the Site